読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記念すべき一発目の記事

業務時間中にブログ記事打ってるだけで仕事した気になれる不思議。
まぁ罪悪感は拭えないけど。

 

おはようございます。またはこんにちは。もしくはこんばんは。
そして初めまして。魔剤キメ太郎と申します。
初めましてじゃない人がいらっしゃれば「この物好きめ」と言っておく。


もし職場の同僚さんが偶然この記事を見つけてしまったら…
周りの人にはこのブログの存在を黙っていて貰えると嬉しい。
別に会社を誹謗中傷する意図はないけど。
なんかこう…ね?恥ずかしいよね?ね?

 

自分はSES事業を展開している弱小人材派遣会社で営業をしています。
あらかじめ宣告しておくと、会社の内情とかについては触れるつもりはありません。
クビになりたくないしね。
(SESの協業先を探していてこのページを探し当ててしまった方々、
 誠に申し訳ない。ビジネスには繋がらないと思う)

 

このブログには自分が感じた事や今やりたい事、それらの備忘録や、
自分と似たような境遇に陥った人が居たら、その人たちへの
道しるべになれば良いな、なんて能天気な考えが詰まっています。

 

うん。まずは敬語を使うのか使わないのか統一しようか。
へたくそな文章ですみません。でも正直に書いていってるから
今後もきっとこんな調子なんだ。

 

記念すべき1発目の記事だ。隙あらば自分語りをしていこうと思う。
如何に自分が人間の屑であるかを全世界に知ってもらおう。

 

思えばどうして「営業になろう」なんて思ったんだろうか。
(「なんて」と書いたが特に悪い意味ではない。良くもないけど)

前職の現場にいた営業が無能に見えたという感は否めない(というか今もそう考えてる)


その無能営業が放った「営業なんて面白くないよ」という言葉で、
「果たして本当に面白くないんだろうか」と確かめたくなったのかもしれない。

 

それを確かめるために1年間費やした。
じゃあ、その1年間で得たものは?

 

まずお金。同年代の平均値を大きく下回るがまぁ貰ってる。雀の涙レベルだけど。
次に休み。5勤2休。たまにズル休みしてるし文句はない。
最後に自己満足。これは間違いない。
というかそう考えて過去の自分を肯定しないと、
未来への焦燥感やらなんやらで押しつぶされてしまいそうだ。
一種の本能的な自己防衛機能というやつだろうか?

 

総じて感想を述べれば、

 

何やってんだ俺、というのが正直な感想である。

 

10時~19時まで働き、帰宅して飯食って風呂入って、
寝る間を惜しんでPS4で遊ぶ。
ゲーム内の自分(俗にいうアバターというやつだ)ばかりレベルアップして強くなる。
リアルの自分はクソ雑魚なままなのに。

 

今のままでいいはずがない。

 

ここまで書かれた内容について「俺(私)もこんな生活しとる」という人、
まぁまずいないであろうが、もしいたら是非コメントください。
どんな言葉も明日への活力につながると思う。

 

ブログ1記事あたりの適切な長さってどんなもんなんだ?
よくわからないが、あまりダラダラ書きなぐってもしょうがない。
今日はここいらで勘弁してやろう(?)

 

取り留めのない自己紹介になってしまったが、最後に座右の銘というか、
自分の行動原則を端的に表す一文を述べて、この場を締めさせて頂きたいと思う。

 

「明日に向かって後ろ歩き」

 

以上